行雲流水 〜お気に召すまま〜

好きなことを好きなように好きなときに書くブログです。

ふっかつのじゅもん

あきづ きはる かはふつ
かつし ていま すしがつ
からこ ていほ うしゆう
でしご とをす ることが
きまり ました たのしみ ます

 

ということで、無事にコロナ療養期間を終え、復活いたしました。

 

ご心配をおかけし、本当にすみませんでした。

 

そして数々の励ましの言葉をかけていただき、本当にありがとうございます(泣)

 

人のあたたかさ、優しさが心に染みた療養期間でした。

 

もう今はごはんも食欲全開で食べてるし、買い物に出たりもしています。

 

夫も無事に仕事を再開できており、喜んでいます。

 

もう二度とこんな経験はしたくないので、気をつけていきます。

 

とはいっても、もはやどんなに気を付けてても、かかるときはかかるんですけどね…。

 

ところで、最初に書いた「ふっかつのじゅもん」、解読できました?(笑)

 

ドラクエ2のシステムを意識してみました。

 

きちんとした文章に戻すと、

 

秋月春花は復活しています。
4月から固定報酬で仕事をすることが決まりました。
楽しみます。

 

という内容です。

 

いま書いた通り、実は4月からライター関連の仕事で固定報酬をいただけることが決まり、平日はガッツリPCに向かうことになりました。

 

大変ありがたいことに、2月~3月の間で執筆の仕事を受注したクライアントさんの1人から、「ぜひともウチで」と声をかけていただいたのです。

 

しかも在宅で良いとのことで、本当にありがたいばかりです。

 

ライター関連の仕事といっても私自身は執筆作業はほとんどしてなくて、他のライターさんが書いた記事のチェックや既存の記事のリライト作業などがメイン。

 

先週から本格稼働し始めて、少しずつ楽しくなってきました。

 

まだまだ慣れないことも多いし、作業時間が決められていたりもするので、プレッシャーもあります(^^;

 

固定報酬といっても決して高くはなくて、正直なところ直近まで勤めていた会社の半額にも達していません。

 

それでも、こうやって自分の好きなことを仕事にして報酬をいただけるのは本当にありがたいですし、まだ夢の中にいるような感覚です。

 

定期的に執筆の依頼をくださる方もいるので、引き続き楽しみながら自分のペースで仕事をしていけたらなぁと思っています。

 

頑張りすぎると、またしんどくなっちゃうので(^^)

 

お知らせ

実は夫婦揃ってコロナになり、しばらく寝込んでおりました。

 

今はもうお互いにほぼ回復してはいるものの、家の中でもマスクが手放せない生活です。

 

もう本当に・・・早く普通の日々が戻ってきてほしいと願うばかり・・・。

 

参考までに、夫婦の発症状況などについて書いておくことにしました。

 

実際あんまり参考にならないかもしれませんが・・・何か少しでもお役に立てたなら幸いです。

 

3/13
夫:勤務中に体調の異変を感じ検温したところ、38℃の発熱。この日は早退。

 

3/14
夫:熱は下がったものの、咳が止まらず。欠勤するよう会社から指示を受ける。

 

3/18
夫:咳が止まらないため、病院へ。通常通りに診察を受け、喉の炎症として薬を処方してもらう。

 

3/19
夫の会社からの指示により、夫婦揃ってPCR検査を受ける。

 

3/21
夫:陽性と判明。
私:判定では陰性だったが、この日の夜に38℃近くまで発熱。

 

3/22
私:節々の痛みが現れる。MAXで38.7℃まで発熱。咳はなし。

 

3/23
私:引き続き、37℃以上の微熱。喉の痛みが現れ始める。

 

3/24
私:ようやく熱が下がるも、喉の痛みが続く。

 

3/25
私:体力は回復してきて食欲もあるが、あまり食べられず。

 

3/26
夫の会社からの指示で再びPCR検査。

 

3/28
夫婦ともに陽性判定。

 

・・・ということで、現在も自宅療養中です。

 

夫は発症してから最初のPCR検査まで間が空いているんですけど、この間は会社から支給された検体キットを使い、陰性でした。

 

でもこの検体キットは信用できないですね・・・何回やっても陰性だったけど、結果的にPCR検査では陽性だったので。

 

今回夫婦でコロナになって感じたことは、2人とも普段からコロナの情報を仕入れてなさすぎたということ。

 

もちろん、日々のニュースはチェックしているけれども、ただチェックするだけで実際自分がかかった場合にどうするかは考えていなかったです、白状すると。

 

なので、誰に何を連絡すべきか、どこに確認すべきか、いざとなると慌ててしまって、コロナになって初めてまともに県のHPをチェックしたり・・・。

 

普段から情報を仕入れておくことの重要性を学んだ数日間でもありました。

 

何が正しい情報なのかも、きちんと見極めないといけないですね(^^;

 

今は体力も回復してるし、こうやって普通にブログも書けるようにはなったけど、せっかくのお花見シーズンに外に出られないのもなんとも寂しいです。

 

コロナの怖いところは、一回なってもまたかかる可能性があるところですよね・・・。

 

そう考えると、療養期間が終わっても外に出るのが怖いです。

 

4月中旬までに免許更新に行かないといけないのですが・・・嫌やなぁと(苦笑)

 

夫の場合は熱はすぐに引いたものの、現在に至るまで激しい咳が続いていて、コロナの後遺症?なのかなと思っています。

 

私の場合は咳はそこまでなかったものの、3日間ずっと熱が下がらなくて身体中も痛くて寝ようにもなかなか寝付けない日が続きました。

 

夫婦でもこんなに状況が違うので、コロナの症状もいろいろなんだなと肌身で感じています。

 

寝込んでいた時はついマイナスなことばかり考えてしまって、「このまま重症化したらどうしよう・・・」とかいろいろ不安になったり・・・。

 

幸いにも重症化することなく峠は越えられましたが、精神的にも本当に辛い日々でした。

 

そんな中、たくさんの方から励ましや差し入れをいただき、大きな力と勇気をいただきました。

 

この場を借りてお礼を言わせてください。

 

助けてくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

どんなに万全に対策していても、もはや誰がいつなってもおかしくない状況です。

 

どうかみなさんも、お気を付けください・・・。

 

ほん出しました

実は、本を出版しました(笑)

 

タイトルは、『中国語の発音の基礎をゼロから身に付けた勉強方法: ~中国と私の物語~ 』です。

f:id:akizuki-haruka:20220318165501j:plain

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B09VFFPYT6

 

Amazon電子書籍としてのみの出版で、紙の本での販売はありません。

 

本日から3/23の夕方頃まで無料期間中なので、良かったらぜひこの無料期間中にブログ仲間の皆さんにも読んでいただければなぁと。

 

そしてレビューもどんどん書いていただけると嬉しいです!

 

この本では、私が中国語に興味を持つに至ったきっかけや実際に現地で体験したことなどを、ありのままに綴っています。

 

執筆作業は、2月初頭から始めて2月下旬頃までかかりました。

 

死ぬまでに本を出せたらいいなぁと漠然と思ってはいたものの、まさかこんなに早く機会が巡ってくるとは思わず・・・。

 

とはいえ、実際に執筆を始めて感じたことは、自分の話を書くというのはこんなにも難しいことなんだなと。

 

こんなふうにブログで自分のことを書いてはいるけど、本にするとやっぱりダラダラ書くわけにもいかなくて、悩み悩んで書いては消してを繰り返してました。

 

そんなわけで、本としての完成度は決して高くありません(^^;

 

自分自身、改めて読み返すと、ここはこう書けたのに!とか、もっと書くこと他にあっただろうに、とか思うことがいろいろ出てきて、やり直したいくらいです(苦笑)

 

そういうのも含めて、大変に貴重な経験をさせていただきました。

 

ということで、改めて宣伝させていただきます(笑)

 

私、秋月春花の初めての本『中国語の発音の基礎をゼロから身に付けた勉強方法: ~中国と私の物語~ 』が、昨日よりAmazonで発売されました。

 

電子書籍としてのみの出版で、紙の本での販売はありません。

 

本日から3/23の夕方頃まで無料期間中なので、良かったらぜひこの無料期間中に読んでいただければと思います。

 

そしてレビューもどんどん書いていただけると嬉しいです!

 

みなさんからの感想、お待ちしております!

 

ありがとうございました(^^)

 

読書記録:2022年2月

岸見一郎/古賀史健『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社
岸見一郎/古賀史健『幸せになる勇気』(ダイヤモンド社

 

計2冊。

 

2冊とも、日本でも取り沙汰されているアドラー心理学について書かれた本です。

 

私自身は心理学に対して難しそうというイメージがあり、なかなか自分から読むことはありませんでした。

 

自分の運営する読書ブログとは別のサイトで感想や内容を書かせていただく機会があり、今回初めて手に取ったのですが、なかなかに面白かったです。

 

こちらのサイトに掲載していただいているので、良かったら読んでみていただければと。

 

↓↓↓↓↓ 岸見一郎/古賀史健『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社

kizitora.jp

 

↓↓↓↓↓ 岸見一郎/古賀史健『幸せになる勇気』(ダイヤモンド社

kizitora.jp

 

話は変わって。

 

ようやく春らしい暖かさになってきましたね。

 

春生まれの私としては、やはり春は嬉しいものです。

 

・・・・・・しかし、花粉が辛すぎる・・・・・・・・・。

 

目と鼻が着脱式なら良いのにと、この時期ばかりは本気で思ってたりします。

 

ティッシュの減る速さよ・・・。

 

花粉症で辛い思いをされている方も多いと思いますが、なんとか乗りきっていきましょう。

 

 

読書記録:2022年1月

J・K・ローリングハリー・ポッターと呪いの子 第一部』(静山社)
J・K・ローリングハリー・ポッターと呪いの子 第二部』(静山社)
レイチェル・カーソン沈黙の春』(新潮社)
吉田友和『LCCで行く!アジア新自由旅行』(幻冬舎
ロベルト・バッジョロベルト・バッジョ自伝 天の扉』(ゴマブックス
pha『しないことリスト』(大和書房)
ロベルト・バッジョロベルト・バッジョ自伝Ⅱ 夢の続き』(ゴマブックス
池上彰『海外で恥をかかない世界の新常識』(集英社
アガサ・クリスティーそして誰もいなくなった』(早川書房
吉越浩一郎『君はまだ残業しているのか』(PHP研究所
梨木香歩『雪と珊瑚と』(KADOKAWA
テランス・ディックス『とびきりお茶目な英文学入門』(筑摩書房
吉田よし子『からだにやさしい野菜物語』(幻冬舎
ヴィッキー・マイロン『図書館ねこデューイ』(早川書房
オリーヴ・シュライナー『アフリカ農場物語(上)』(岩波書店
オリーヴ・シュライナー『アフリカ農場物語(下)』(岩波書店
ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)
志村ふくみ『色を奏でる』(筑摩書房
橘豊『絶品!シンガポールごはん』(大和書房)

 

計19冊。

 

1月の読書記録が残せていなかったので、今さらですが書いてみました。

 

記念すべき新年1発目に読んだのは、ハリポタの8作品目にあたる舞台脚本。

 

年明けにこれを読もう!と決めていたわけではないのですが、自分の好きなシリーズの本で新年を始められたのはよかったのかなと思います。

 

この本は読書ブログにも書きました。

 

↓↓↓↓↓ J・K・ローリングハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部』(静山社)

haruka-books.com

 

1月の読了本から読書ブログに書いたのは他にもあります。

 

↓↓↓↓↓ レイチェル・カーソン沈黙の春』(新潮社)

haruka-books.com

 

↓↓↓↓↓ アガサ・クリスティーそして誰もいなくなった』(早川書房

haruka-books.com

 

すっかり読書ブログを書いていないので書き方を忘れてないかが心配ですね(笑)

 

以下、1月に読んだ本の中から感想をいくつか。

 

吉越浩一郎『君はまだ残業しているのか』(PHP研究所

f:id:akizuki-haruka:20220308123701j:plain

 

残念ながら日本は残業大国として世界的にも悪名高い国ですが、その残業がなぜなかなかなくならないのか、残業をなくすための取り組みなどについて描かれた本。

 

誰だって好きで残業している人はいないし、まして今の時代、仕事よりもプライベートの時間を大切にしたいという考え方もどんどん浸透してきています。

 

もちろん、ただ「残業をなくそう!」と言ったところで簡単に改善できるものではないし、経営者だけではなく社員側の意識の変革も大切になってきます。

 

「残業こそ正義」「定時帰りは悪」という、日本の会社に未だに残る悪い風習を変えていくためにも、特に経営者の方には絶対に一読していただきたい本ですね。

 

ヴィッキー・マイロン『図書館ねこデューイ』(早川書房

f:id:akizuki-haruka:20220308124448j:plain

 

アメリカ・アイオワ州のスペンサーという町の図書館で、18年間図書館ねことして生きたデューイの生涯を綴った作品。

 

過去に人間からひどいことをされても、それでも人間を信じ、人びとの心に希望を贈り続けたデューイ。

 

その優しさに、ただただ涙が止まりませんでした。

 

著者のヴィッキー・マイロンの人生も壮絶です。

 

ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)

f:id:akizuki-haruka:20220308124915j:plain

 

これはいろんなところでいろんな人が「素晴らしい」と絶賛していたので、以前から気になっていたもの。

 

そのウワサ通りとても素晴らしく、人種やジェンダーアイデンティティなど、いろんなことを一度に考えさせられる内容でした。

 

深い発言をする息子さんの姿からは、子どもといえどもきちんと現実と向き合い、強くたくましく生きていこうとするパワーが伝わってきます。

 

以上、1月の読書記録と簡単な感想でした。

 

最近まったく本の情報が追えていないので、面白い本があったら教えてください(笑)

 

すっっっっっっっっっかり間が空いてしまって

ご無沙汰しております。

 

前回の記事から1ヶ月も間が空いていたようで・・・・・・2月は1回も更新できてないことに気付きました。

 

このブログを立ち上げてから2月で丸1年になるのでそのことに触れようと思いつつ、もう3月ですよ。

 

いやホンマに・・・ホンマにみなさん1年間応援くださり、ありがとうございました。

 

ブログの更新を辞めたわけではなく。

 

実はこの1ヵ月間いろいろライターとして仕事を受注しており、ほぼ毎日何かしらの作業が発生している状態でした。

 

このブログも読書ブログも更新する余裕がなく、そもそも本もなかなか読めず。

 

しかしこれも自分で選んだ道なので、不満はありません。

 

この1ヵ月間でいろんなジャンルの記事にチャレンジさせていただきました。

 

下記にジャンルごとにまとめたので、気が向いたらぜひ読んでみてください。

 

 

★中国関連記事

honchablog.com

 

honchablog.com

 

honchablog.com

 

honchablog.com

 

honchablog.com

 

 

★読書関連記事

kizitora.jp

 

 

ドラクエ関連記事

bibimaru.work

 

bibimaru.work

 

bibimaru.work

 

bibimaru.work

 

 

ドラゴンボール関連記事

renote.jp

 

renote.jp

 

renote.jp

 

renote.jp

 

 

★資格関連記事

gooschool.jp

 

woman-shikaku.com

 

woman-shikaku.com

 

woman-shikaku.com

 

 

YouTubeのゆっくり解説動画の台本なんかも作成してます。


www.youtube.com

 

 

初めてのことだらけで不安もありましたが、勉強になることばかりでした。

 

まだまだ生計を立てるというところまではいかないものの、報酬もきちんといただいています。

 

自分の書いたものでお金がいただけるというのは嬉しいものですね(^^)

 

本当にありがたい。

 

ただ、なんでも書かせていただこうという思いでいろいろ詰め込んだ結果スケジュール管理がうまくいかず、徹夜で作業したことも・・・。

 

やはりこのトシで徹夜は身体に堪えますね・・・リズムを取り戻すまで3日くらいかかりました(苦笑)

 

そんなわけで、今月からはあまり詰め込みすぎないようにしようと思います。

 

ブロガー2年目の本年も、秋月春花をよろしくお願いいたします。

 

実はちょこちょこと活動してます

前回体調不良の記事を書いてしまったのですが、ご心配をおかけしてしまってすみませんでした。

 

反応くださった皆様、本当にありがとうございます(泣)

 

自分のペースでいこうと思いつつ、そうなるとどうしてもやっぱりダラダラしちゃいますね(^^;

 

でもそんな日があってもええやないか!と、あんまり自分を責めることはしないでおこうと思います。

 

なんだか前にも似たようなこと書いた気がするけど・・・(笑)

 

ところで、実は読書ブログ以外にも活動の場をちょこちょこと広げてます。

 

自分のブログは好きなように書けるけど、正式に仕事として受注することでライティングスキルをもっと磨いていきたいなと思ったのがきっかけです。

 

いろんなライターさんたちが仕事を発注したり受注したりするサイトがあって、そこに登録していろいろ応募したりしてました。

 

その中で、ドラゴンボールについて記事を書ける人を募集しているという方からお返事をいただき、早速書かせていただきました。

 

私が書いたのは、ドラゴンボールのキャラクターである「ベジット」についてです。

 

↓↓↓↓↓それが、こちら。

renote.jp

 

興味のある方は、ぜひ一読いただければと。

 

そもそもベジット知らないよという方でも、この記事を読んでいただければどんなキャラか大体わかるようになってます(笑)

 

私自身もドラゴンボールは好きなのですが、ベジットについてこんなに調べたことはなかったですね(笑)

 

調べていくうちに愛着が湧いてきて、ベジットかっこいい!!ってなったり・・・。

 

なので、今回の記事の執筆はとっても楽しかったです。

 

少額ながら報酬もきちんといただき、少しずつブロガー・ライターとしての道を拓いていけている実感があります。

 

自分から仕事をとりにいくのも大切なんだなぁと思いました。

 

また詰め込みすぎると大変なことになるので、自分の体調や読書ブログとの兼ね合いを見ながら、スキルアップしていけたらと思います。